肌の日照りが気になる時・・・



炎天下でスポーツをした後など、肌の日照りが気になる時に

佐伯ちずさんは決まって飲むものがあるそうです。

『黒胡麻入りトマトジュース』

トマトジュースに大さじ一杯のすった黒胡麻をまぜるだけ。

血液の循環が良くなり、日照りはおさまるそうです。


また、スキンケアに関しては、まずは肌を『鎮静』させること。

きちんとクレンジングした後に、冷蔵庫で冷やしたタオルを

ラップで包み、顔の上に乗せます。

さらに佐伯ちずウォーターマッサージを行い、日照りを

抑えるそうです。

 
 

佐伯ちず式冷ケア

 
 
肌表面を鎮静させ、肌の奥を開いてくれるのが「冷ケア」。

温ケアで肌を緩めた後に冷ケアをすると、

化粧品がグングンと奥まで入り、毛穴も縮まってツルツル肌に!

朝のメイク前にやれば、化粧くずれの心配はないそうです!

スポーツ後の火照った肌を鎮めるのみ最適です!


こんな日に・・・

・炎天下を長時間歩いた
・朝からゴルフ三昧の日
・腹が立った
・汗ばんだ
 
 
【冷ケア】


@ クレンジング

アイメイクを落としてから全体をクレンジングしましょう。

軽めのメイクなら液状のクレンジング剤で。

キッチリとメイクをした日は、クリームタイプのクレンジング剤

で落としましょう。


   
A コールドタオル

あらかじめ冷やしておいたタオルをラップで包み、粗熱を取る

気持ちでのせます。

また朝、洗顔のあとに顔に当てれば毛穴もキュッと引き締まり、

メイクのノリもよくなります。



B ウォータースプレー

粗熱を取った肌をさらに鎮静するには手軽なウォータースプレーを。

お店で販売しているスプレー容器の中に精製水を入れ、顔に給水。

肌表面に直接たっぷりの水分を与えることで即、うるおい感が戻ります。

 
   
C 氷

肌をクールダウンさせるのにもっとも即効力のあるのが氷。

保冷剤の利用もおすすめです。  
   

D 化粧水

水で湿らせたコットンに化粧水を垂らし、肌にのせて3分間。

これが基本のローションパック

さらに効果を上げたければ、その上にラップをのせます。

スチーム・サウナ状態になって肌はプルプルに!  

   
E パック

をかいたり埃をかぶった日は、毛穴が黒ずんでいるので、

そんな時は美肌パックを。

普段の洗顔が自宅での洗濯だとすれば、パックはクリーニングに

出したシャツ状態。

翌日の肌が違ってくる。
 
   
F 美容液

くすみには美肌美容液、水分が足りないと感じたら保湿美容液を。

目のまわりがかさついていたらアイ美容液も加えましょう。

笑いジワや ちりめんジワが気になる人は、シワの中に美容液

埋め込むように。

 
   
G クリーム

自分の肌状態をチェックして、必要な栄養分をしっかりと補給したら、

最後はクリーム又は乳液でフタをします。

30歳を過ぎると「取られる」ほうが多くなるので、

できればきっちりとクリームでフタをしたほうが良いでしょう。
 
 

佐伯ちず式秋冬肌の夏のケア



佐伯ちずさんは肌を春夏肌、秋冬肌に分け、肌毎の季節による

ケア方法を提唱しています。

【秋冬肌】

□ 皮膚が硬く、パサパサしている
□ 化粧のノリが悪く浮いて見える
□ 目元に細かいシワがある
□ 皮膚が薄い
□ 色は白いほうである
□ しっとりしたやわらかさがない
□ 肌に弾力がない
□ あごのあたりがざらつく
□ 頬が赤紫っぽい
□ 夏の終わりごろから肌が乾燥する

↑これらの症状が当てはまる人は秋冬肌です。

秋冬肌は水分、油分ともに不足しがちな肌質です。

真皮に水分と栄養分を与え、クリームでフタをしましょう。

夏でも保湿クリームをつけましょう。


【秋冬肌の夏の朝のケア】

@ 洗顔  ・・・ ゼリータイプ
A 化粧水 ・・・ 保湿系ローション
B 美容液 ・・・ ビタミンC入り美容液
C 乳液/クリーム  ・・・ 保湿系乳液orホワイトニングクリーム 


【秋冬肌の夏の夜のケア】

@ クレンジング ・・・ エマルジョンタイプ
A 化粧水 ・・・ 保湿系ローション
B 美容液 ・・・ 保湿系美容液
C 乳液/クリーム  ・・・ 保湿系乳液or保湿系クリーム
 
 

佐伯ちず式春夏肌の夏のケア



佐伯ちずさんは肌を春夏肌、秋冬肌に分け、肌毎の季節による

ケア方法を提唱しています。

【春夏肌】

□ 額、小鼻、あごなどの毛穴が目だつ
□ 化粧崩れしやすい
□ 肌がテカリやすい
□ ニキビや吹き出物ができやすい
□ 肌のキメが粗い
□ 目元や口のまわりに深いシワがある
□ Tゾーンがいつも脂っぽい
□ オイリーなのに皮がむける
□ 不規則なシワがある
□ 透明感やみずみずしさがない

↑これらの症状が当てはまる人は春夏肌です。

春夏肌は肌の水分が足りない為に、皮脂分泌が多い肌質であり、

特に夏にトラブルが多いタイプです!

水分と油分のバランスをとることを最大のテーマにして

スキンケアを心がけることが重要です。


【春夏肌の夏の朝のケア】

@ 洗顔  ・・・ ホワイトニング洗顔
A 化粧水 ・・・ ホワイトニングローション
B 美容液 ・・・ ビタミンC入り美容液
C 乳液  ・・・ UVカット入り乳液


【春夏肌の夏の夜のケア】

@ クレンジング ・・・ ゼリータイプ
A 化粧水 ・・・ ホワイトニングローション
B 美容液 ・・・ ビタミンC入り美容液
C 乳液  ・・・ ホワイトニング乳液
 
 

佐伯ちずさん夏のお手入れ!

 
 
夏のお手入れ は塩害対策と保湿に重点を置くようにと佐伯ちずさんは

言っています。

塩害対策とは汗などの塩分により肌がダメージを受けることです。

塩分を放置しておくと、肌がヒリヒリし、こすったりすると肌が

傷つき炎症を起こしてボロボロになっていまいます。

汗をかいた後は、ハンカチやティッシュではなく、洗顔をするか、

濡れたコットンでふき取るべきだそうです。

また、この季節はエヤコンにより肌が乾燥しやす、乾燥した肌に

紫外線があたると日焼けしやすく、シミになりやすいそうです。

夏こそ保湿」を心がけましょう!


朝のケア

@ 洗顔ゼリータイプがお薦めです。

A 化粧水はホワイトニングローションがお薦めです。

B 美容液はビタミンC保湿系を選びましょう。

C 保湿系乳液またはホワイトニングクリームがお薦めです。

D ファンデーションはリキッドタイプを!

乾燥肌の人が夏に保湿を怠ると秋冬に肌はボロボロに・・・


【夜のケア】

@ クレンジングはエマルジョンタイプがお薦めです。

A 化粧水は保湿系ローションがお薦めです。

B 美容液は保湿系美容液がお薦めです。

C 保湿系乳液、クリームを選びましょう。

夏の夜も基本は保湿。過剰な洗顔はオイリー・ドライ肌のもと。

3日に1度のパックやスクラブで上手に表皮ケアを心がけましょう!
 
 
 




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。